タグ:雑誌掲載 ( 7 ) タグの人気記事
コンフォルト922006年10月号にて
“新感覚和モダン”国際フォーラムについて原稿書きました。
今回は、取材・文・写真と旅物ライターさんなみの活躍です。
実際朝一で東京出発、堺に昼過ぎ着、夕方には東京戻りと
スケジュールのほうも旅物ライターさんなみでした。
が、内容はよかったですよ、出展物は一見の価値ありでした
特にこのイベントを開催された堺市とビューコムさん京都工繊大
のみなさんには脱帽です。
b0080224_16342382.jpg

[PR]
by arsnova-arch | 2006-09-12 16:34
堺市の「新感覚和モダン」国際フォーラム
雑誌コンフォルト92号の取材で堺に行ってきました。
堺は、戦国時代から自由貿易都市として栄え
千利休など「へうげもの」を数多く輩出してきたところ
です。写真は伝統的な「注染」でテキスタイルデザイン
をされた菊池さん
b0080224_18462968.jpg
それにしても大阪は暑かった
[PR]
by arsnova-arch | 2006-08-05 18:46
アイレイ島の
ヨード臭ただようスモーキーなウィスキーを
新聞社・編集者の方と呑みました
b0080224_2343129.jpg

[PR]
by arsnova-arch | 2006-07-24 23:04
AVレビュー誌の取材
究極ホームシアターができまして
雑誌社数誌より取材うけました
b0080224_17102047.jpg

[PR]
by arsnova-arch | 2006-07-08 17:10
茗荷谷の歯科クリニック
の写真が出てきました。
b0080224_11542287.jpg

歯科医院って患者さんは診療中上を見ていることが多いでしょう?
だから天井をデザインした。
チョコ色の矩体にゼリービーンズや砂糖掛けクッキーみたいな
この雲形は吊られているので天井工事の簡素化にも
つながって一挙両得
[PR]
by arsnova-arch | 2006-06-11 11:58
コンフォルト2006年6月号 90にて
「土浦亀城を巡る冒険」と題して江戸東京博物館で開催中の
昭和モダニズムとバウハウス展についての原稿を書きました。
土浦亀城氏は戦前の日本を代表する建築家です。
土浦自邸は現在でも若い建築家が参照するほどのモダン建築の秀作です。
現存場所は目黒区の長者丸
土浦氏について考えることで日本のモダニズム建築についての理解が深まります。
[PR]
by arsnova-arch | 2006-05-07 16:54 |
週間SPA!に
マンション購入の間違った常識について書きました。
姉歯問題について神足さんから電話インタビュー
[PR]
by arsnova-arch | 2006-04-23 14:27 | 性根