タグ:気になる風景 ( 40 ) タグの人気記事
ロシアにおけるダーチャというライフスタイル
昨日、ある日本を代表するシンクタンクとのミーティングでロシア人の気楽な別荘生活、「ダーチャ」といわれる小別荘をもつことのススメを話し合った。
b0080224_13344838.jpg
ダーチャ:дача(田舎の邸宅という意味)は、旧ソ連圏では一般的という、都会居住者の別荘のことです。初期ロシア語では、ダーチャは「与えられたもの」ということらしい。
貴族の別邸から掘っ立て小屋のようなものまで、、家庭菜園や家畜を飼ったり、休日に遊んでみたり、その規模や質はさまざまであるようです。
b0080224_13343738.jpg
ロシア人はみんなダーチャもってるらしいよ!でだ、このダーチャ文化を日本の都市生活者にもおススメしようとういうことになるわけですが、今このシンクタンクチームは千葉の山武郡に土地を開墾中なのです。シンクタンクの女性陣もユンボをガンガン振り回して雑木を伐採中とのこと、これらについては今後レポートしていきますが、こういった遊びの小別荘こそわが国が誇る自宅勤務型小建築家の膨大なストックのデザイン能力が活かされる場になるのでは、、、と知恵を絞ることにいたしました。
俺の気になっている小建築家たちを海外からも招待する予定也。
b0080224_13345892.jpg

[PR]
by arsnova-arch | 2008-09-06 13:24 |
おおっ、出来たのか!山口の家
現場より外観写真届きました。う~ん黒、いや玄だねやはり
利休の黒茶碗、長次郎の楽焼き黒茶碗のごとき面構え
焼き直しのモダン建築作品や従順なだけの和風建築とも違う!
「なんともへうげたる家よのお!馬引けえい!」 by信長

付近にまだ残る長州の民家に使われている手法を用いただけなのですが
このように和のテイストを入れてしまうと建築家として「へうげもの」になって
しまう現代のモダン日本建築の潮流って一体なんなんだよってこと
b0080224_1821318.jpg

でも内部はけっこう今風なのだ
b0080224_19355046.jpg

[PR]
by arsnova-arch | 2006-12-14 18:01
松田ぶん平氏よりまつもと歯科外構スケッチ
彫刻家の松田ぶん平氏より外構のスケッチが届きました。
富ヶ谷N邸の塀が、お施主さんにも好評で今回も登板していただくことになりそうです。
今後先生たちと打ち合わせして詳細を決めていきます。
b0080224_1910937.jpg

入口まわり
b0080224_19101729.jpg

左側の斜め壁のスペース
b0080224_1910284.jpg

裏側、診療室から見えるスペース
b0080224_19103521.jpg

松田ぶん平さんの彫刻作品(筑波山の裏山にある松田氏のアトリエ内にて撮影)
[PR]
by arsnova-arch | 2006-12-08 19:10
上海にて
上海にある横浜産業振興公社のセミナーにご招待いただき
上海における日系建築デザインや建材について進出日系企業の
皆さんとお目にかかってきました。
上海で活動しているデザインパートナーのロウジーとも会って
有意義でした。
20年ぶりの上海はすっかり別の国になっていましたが、昔とった
杵柄で僕の中国語も二日目からは絶好調に
写真は街で見つけた建築、モダンデザインに伝統素材を合せる手法は
現代中国建築デザインならでは、ですね
b0080224_13394620.jpg

黒レンガは我々も使ってみたい素材のひとつです。
日本ではタイルしかないのに、ここではほんとに積んでるし
b0080224_13425788.jpg

[PR]
by arsnova-arch | 2006-11-02 13:32
秋光は軌道の果ても輝かす
小淵沢より「あずさ2号」に乗って帰る
b0080224_6501117.jpg

[PR]
by arsnova-arch | 2006-10-26 06:50 | 俳句
小淵沢リゾナーレに行ってきました。
羊毛断熱材「サーモウール」のコスモクロジェクト社の招待で・・毎年恒例ですが今日はけっこう暖かいです。
マリオ・ベリーニはいろんなシーンを用意していますね、はっきりパターンランゲージの好例っていえばいいのにアレグザンダー派の人も・・
b0080224_1704434.jpg

全国の工務店さんや設計事務所の方々がいろんな発表や活発に意見交換されてました。
b0080224_1340986.jpg

[PR]
by arsnova-arch | 2006-10-25 13:40
中庭の天井(ティエンチン)
空が六角形に切り取られて、中心が生まれる。
時間の経過と共に内部に光輪が廻ることになる。
四角形でないところが大成功の予感
b0080224_11331557.jpg

[PR]
by arsnova-arch | 2006-10-19 11:41
裏の敷地から緑を通してみると
こんな感じ。こちらから見ても非常に面白い
b0080224_14582979.jpg

[PR]
by arsnova-arch | 2006-10-07 14:58
モルタル下地が終了の「囲ハウス」
和のパターンランゲージを開発して駆使してみようという山口県の家です。

山口のS邸のファサードが大体見えてきました。
b0080224_11743.jpg

脇から見るとこんな感じ、周辺の街道筋の旧宅との関係
b0080224_117573.jpg

内部にはいって玄関から中庭の天井への抜けと空間的つながりb0080224_1184236.jpg
b0080224_1195091.jpg


後は仕上に向かって決めの作業、木軸がどこまで見え掛かりとして使えるか、木部を枯色に塗装するかどうか、造作の表現が予算上どこまで可能か、照明器具をどのくらい絞れるか、といったことを考えていかなくちゃなりません。
[PR]
by arsnova-arch | 2006-10-05 11:18
横浜
この辰野風っていうのですか煉瓦と御影石の陰影
b0080224_17444316.jpg

[PR]
by arsnova-arch | 2006-09-29 17:44