<   2007年 01月 ( 16 )   > この月の画像一覧
もうすぐ完成の様子です。器具付けが始まります
b0080224_14445023.jpg

b0080224_11432248.jpg

b0080224_1144051.jpg

b0080224_11443321.jpg

[PR]
by arsnova-arch | 2007-01-29 14:44
来週から外構工事準備
b0080224_1641911.jpg

内部のクロス工事中
[PR]
by arsnova-arch | 2007-01-28 16:41
中馬込上棟中につき
b0080224_16422266.jpg

松屋プロデュース案件
[PR]
by arsnova-arch | 2007-01-25 16:42
天井が品良くまとまります
天井に桟木を流して塗装が成されました。
フランク・ロイド・ライトにリスペクトです。
b0080224_21301171.jpg

院長室ではこんな感じに出窓につながっていきます。
b0080224_21303887.jpg


松田ぶん平さんより届いた入口廻りのスケッチ
外構のH型鋼石乱積み塀です。
b0080224_21315571.jpg

高さをどこまでにするのがいいか
b0080224_2132152.jpg

西側の境界石の先端に明かりをとって
b0080224_21334862.jpg

見積りも出ました。
[PR]
by arsnova-arch | 2007-01-22 21:35
街に残る看板建築と呼ばれるもの
銅板葺きの外壁
b0080224_1533761.jpg

一文字葺き、菱葺き、亀甲葺きなどさまざまに趣向を凝らして仕上げてある。
こちらは連棟になっている
ピラスター(付け柱)状に葺かれた柱型と軒のクラウンも全て銅板なり
b0080224_1737792.jpg

[PR]
by arsnova-arch | 2007-01-19 15:03
人知れず駅は意匠地獄
b0080224_200050.jpg


馬車道駅にて分厚いアクリルを曲げただけのベンチを観て

デザインも製作物もシャープで凄いんだが・・・
非常に場違いな印象のする・・・
これで得意気になっているのか・・・
荷物も置けず・・・
座ることを拒否するような・・・
一応座れる椅子なんだが・・・
特急を待つには・・・
公的な場所には・・・
いかがなものかと・・・

海地獄 血池地獄 蟻地獄
   意匠地獄に囚われた街

新都市という名の札所を巡り通勤す
   意匠地獄の遍路となりて

透明な存在と美術教師と遭魔して
   意匠地獄に連れ去られたり

デザインという意匠地獄を修羅道と
   知らずに踏み込む弟と鳥

と寺山修司風の初首が出来た也
[PR]
by arsnova-arch | 2007-01-17 20:00 | 俳句
過疎となる首都に山茶花満開す
b0080224_1525422.jpg


焚火は禁止の
首都の片隅で
開いては散り
散りては開く
冬に咲く冬の花
この色は
撫子色という
[PR]
by arsnova-arch | 2007-01-17 15:25 | 俳句
内装が着々と進む
石のカウンターが付きました。
b0080224_14404984.jpg

2階から吹き抜け窓を見る。柱と枠のコンポジション
b0080224_12213464.jpg

[PR]
by arsnova-arch | 2007-01-15 14:40
屋根のステルス効果
現代的な箱型一般建築が屋根を持つだけで街並みにプラスの効果を及ぼす事例です。
b0080224_10355855.jpg

で屋根の無いものの合成写真
b0080224_10373138.jpg

こんなにも違う!
まあ、はっきり言ってこの屋根と手前の柱には、いわゆる単純な機械的機能論ではなんの意味もないのですが、非常に「機能」していることが比較検証されるでしょ
現代の建築デザイナー業界ではこの「屋根がある」=「モダンデザインを放棄した」とみなされるまでに、「モダニズム洗脳」が進んでいることへの批判也
[PR]
by arsnova-arch | 2007-01-11 10:38
南平も足場が取れました
夕陽を受けてイイ感じです。
b0080224_1947878.jpg

[PR]
by arsnova-arch | 2007-01-10 19:48